Contact お問い合わせ

Requests and consultations from the form

ご依頼、ご相談はフォームよりお問い合わせください

FAQ

よくある質問

千葉県千葉市美浜区中瀬1−3
幕張テクノガーデンCB棟3階

Makuhari Techno Graden, Nakase 1-3,
Mihama-ku, Chiba City, Chiba

 

営業時間は平日の9時から17時です。
週末と祝日は休業日となります。

Business hours are from 9:00 to 17:00 on weekdays.
Closed on weekends and public holidays.

ご相談は完全予約制です。
お問い合わせフォームからご希望の日時をご連絡ください。
ご相談対応時間は午前10時から午後5時までとなります。

Reservations are required for you to consult with us.
Please let us know the date and time of your visit from the inquiry form.
Consultation hours are from 10 am to 5 pm.

匿名でのご相談はお受け致しておりません。

We do not accept anonymous consultations.

初回のご相談(30分)は無料です。
2回目以降のご相談については規定のご相談料を頂いております。
お支払いにはクレジットカードをご利用頂けます。

出張相談/33,000円(1時間)
来所相談/16,500円(1時間)
メール相談/5,500円(1回)

The first consultation(30min) is free.
For the second and subsequent consultations, we will charge the prescribed consultation fee.
You can use a credit card for payment.

Consultation by business trip / 33,000 yen (1 hour)
Consultation at our office / 16,500 yen (1 hour)
Email consultation / 5,500 yen (1 time)

英語で相談できます。

You can consult in English.

幕張テクノガーデンの敷地内に計92台分の時間貸駐車場がございます。
また、周辺にはコインパーキングも多数ございますのでご確認の上お越しください。

There is an hourly parking lot for a total of 92 cars on the premises of Makuhari Techno Garden.
In addition, there are many coin parking lots around the building, so please check before you come.

原則としては延長できません。
事情によっては許可されるケースもあるのでお問い合わせください。

In principle, it cannot be extended.
Please contact us as it may be permitted on a case-by-case basis.

原則としては変更できません。
但し、申請人が在留資格認定証明書を所持している場合は、在留資格変更許可申請を行うことで変更できます。

In principle, it cannot be changed.
However, if the applicant has a Certificate of Eligibility, it can be changed by applying for permission to change the status of residence.

対日投資などのケースでは、日本で会社を新規に設立して経営管理ビザを申請することが一般的です。
但し、経営管理ビザを許可されるためには、会社を設立するだけでは十分ではありません。
最低限の要件として、資本金として500万円の資金が投資されることが目安となり、資金の調達方法についても審査の対象となります。
実務的には、新設される会社の事業計画が最も重要な資料になります。

In cases such as investment in Japan, it is common for foreigners to establish a new company and apply for a business manager visa.
However, it is not enough to set up a company to be granted a business manager visa.
As a minimum requirement, it is a guideline that a fund of 5 million JPY will be invested as capital, and the method of raising funds will also be subject to examination.
In practice, the business plan of the new company is the most important documents.

 

外国企業が日本に進出する場合に、市場調査や広報活動を目的として駐在員事務所を開設するというケースがありますが、駐在員事務所は営業活動を認められていません。
収益を生み出す活動が認められていないため、駐在員事務所の代表者は経営ビザを取得することはできません。
経営ビザを申請するには、外国会社の登記を経て「日本支店」を設立するか、日本の法律に基づいて「日本法人」(子会社)を設立する必要があります。
実務的な注意点として、外国法人の日本支店はあくまでも「外国の会社」であるため、日本の企業と取引する際に契約上の準拠法の問題が発生します。
また、税務の点から見ても、外国法人の税務申告に詳しい税理士は少なく、コストも割高になる傾向があります。
外国企業が日本支店を設立するメリットは少ないため、当事務所では日本法人の設立をおすすめしています。

When a foreign company expands into Japan, there are cases where a representative office is opened for the purpose of market research and public relations activities, but the representative office is not allowed to carry out sales activities.
Representatives of representative offices cannot obtain a business visa because they are not allowed to engage in revenue-generating activities.
In order to apply for a business visa, it is necessary to establish a “Japan branch” after registering a foreign company, or to establish a “Japanese corporation” (subsidiary) based on Japanese law.
As a practical precaution, the Japanese branch of a foreign corporation is a “foreign company” to the last, so when dealing with a Japanese company, there will be problems with the governing law under the contract.
Also, from a tax perspective, there are few tax accountants who are familiar with tax filing of foreign corporations, and the amount of cost tends to be high.
Since there is little merit for foreign companies to establish a Japan branch, we recommend establishing a Japanese corporation.

永住許可申請では、申請人が「永住許可に関するガイドライン」で示されている要件に適合しているかどうかを慎重に審査されます。
実務的なポイントとしては、世帯年収と公的義務の適正な履行の点においてネガティブ要素が無いことが重要です。
当事務所では、申請人の年収が300万円以下であったり、過去2年以内に税金の未納や滞納がある場合は永住許可は困難とご案内しています。

The Permanent Resident Examination carefully examines whether the applicant complies with the requirements set forth in the “Guidelines for Permission for Permanent Residence”.
As a practical point, it is important that there are no negative factors in terms of annual household income and proper fulfillment of public obligations.
We inform our clients that it is difficult to get a permanent residence permit if the applicant’s annual income is 3 million yen or less, or if there is a tax delinquency within the past two years.

外国人が就労ビザを申請する場合は、雇用先の企業や団体が決まっていることが前提になります。
就労ビザの審査では、ビザの申請人の学歴・職歴と日本において行う就労活動との間に関連性が認められることが要件となっています。
例えば、大学で法律を専攻した留学生がスポーツジムのトレーナーとして就職したいと考えたとしても、上記の理由から就労ビザが許可される可能性は厳しいものになります。
また、その留学生がパラリーガルのような法律専門職として就職する場合でも、具体的な雇用条件や職務内容について、客観的な資料を元に入管当局へ説明する必要があります。

When you apply for a working visa, it is assumed that you have a fixed employer or organization.
In the examination of a working visa, it is a requirement that a relationship is recognized between the “educational background / work history” of the visa applicant and the “working activities” conducted in Japan.
For example, even if an international student majoring in law at a university wants to get a job as a trainer in a sports gym, there is no chance that a working visa will be granted for the above reasons.
In addition, even if the international student wants to find a job as a legal profession such as a paralegal, it is necessary to explain the specific employment conditions and job description to the immigration authorities based on objective materials.